任意整理

任意整理とは?

任意整理とは、専門家が金融機関と交渉し、借入金額を減らし、基本的には無利息で返済する手続きです。

例えばクレジットカードと消費者金融から借り入れがあり、消費者金融だけを任意整理するということが可能になります。また、裁判所を利用しない手続きですので、誰にも知られずに手続を進めるのに最も適した手続です。

任意整理の手続の流れ

1

受任通知発送

貸金業者に受任通知書を発送:通知が届いた時点で、請求が止まります。毎月の支払もストップです。
2

取引履歴の調査

司法書士がこれまでの取引経過を取寄せます。内容調査。
3

積立の開始

支払の原資とするために、積立をお願いしています
4

債務の確定

利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します(引き直し計算)
※過払い金が発生している場合には、過払い金返還請求に移行します。
5

弁済案の作成

債権者との交渉がまとまりやすいよう、事前に方針を決めておきます
6

債権者との交渉

司法書士が交渉に入ります
7

返済開始

交渉がまとまれば、和解書を作成した上で、弁済がスタートします

任意整理のメリットとデメリット

メリット

  • 司法書士に依頼した後は、各業者からの取立てが止まる。
  • 借金が減額できる。原則、利息の支払が免除される。
  • 払い過ぎていたお金を取り戻せる場合がある。
  • 一部の借金のみを整理することもできる。
  • 業者との話し合いで手続が進むため、自己破産や個人再生のように官報に載ることがない。
  • 自己破産のように各種の資格制限がない。
  • 裁判所を使わないので、呼び出しなどの時間的な拘束は少ない

デメリット

  • ブラックリストに載ってしまうため、数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることができない。
 

任意整理の料金

着手金 1社あたり 32,400円 (税込)
過払い報酬 取り戻した金額の 21.6% (税込)
実費 過払い金回収のため、裁判を起こした場合のみ必要となります。