過払い金請求

過払い金とは?

グレーゾーン金利

「過払い金」とは、貸金業者に返済し過ぎたお金のことです。

貸金業者から利息制限法に定められた利率(15%~20%)を超える利率で借入れをしている場合、この超過分の利息の支払いは 「無効」となります。
よって、利息制限法に基づき引直計算することによってすでに借金はなくなり、過払い金が発生している場合には、これを請求することができるのです。

過払い金が発生するしくみ

それは、利息制限法と出資法(貸金業者が年利29.2%を超える貸し付けを行うことを禁止する法律)という2つの法律が存在しているためなのです。

<利息制限法では、上限利率を以下のように定めています。>

貸入れ金額 10万円未満 10万円以上から100万円未満 100万円以上
上限金利 年利20%まで 年利18%まで 年利15%まで

このように利息制限法では利率の上限が定められていますが、この利率を超えた貸付けをしても罰則規定はありません。 一方、出資法という法律では、29.2%を超えた場合には刑事罰を科しています。

多くの貸金業者は、利息制限法に定める上限利率は超えるものの、出資法に定める上限金利には満たない金利(グレーゾーン金利)を巧みに利用して違法な金利を取っていたため、利息制限法に基づき計算し直すことによって過払い金が発生することがあるのです。

グレーゾーン金利 グレーゾーン金利

無料相談実施中 TEL:0120-49-7700 無料相談実施中 TEL:0120-49-7700

過払い金の請求はお早めに!

過払金は完済後10年経過すると時効で請求することができなくなります。 さらに過払金は請求したら必ず戻ってくるというものではなく、貸金業者に支払能力がなければ一銭も取り戻すことができません。現在、貸金業者の経営破綻が相次いでいますので、過払い金請求は早めにされることをお勧めします。
どのくらい過払金が戻ってくるかについては過去の実績に基づいてご説明しますので、お気軽にご相談ください。

過払い金返還請求の手続きの流れ

1

相談~委任契約

債務の内容について聞き取りをします。手続きの説明をした上でご納得いただけましたら、きりゅう司法書士事務所にご依頼ください。

2

受任通知送付

委任契約を締結後、速やかに受任通知を各債権者へ送付します。この通知により各債権者からの取立、督促はストップします。

3

取引履歴開示~
引き直し計算

司法書士がこれまでの取引履歴を取り寄せます。開示された取引履歴をもとに利息制限法に基づき引き直し計算をし、債務額を確定します。

4

過払い金の返還請求
~和解交渉

計算によって算出した金額をもとに貸金業者に対して返還請求をし、返還金額、返還期日について話し合いをしていきます。

5

和解成立
~合意書の作成

和解成立後、当事務所と貸金業者双方にて合意書を作成します。

6

過払い金の返還

合意書に記載された金額が、期日までに指定口座に入金されることにより手続きが終了します。

5

訴訟提起

訴訟がはじまり、互いの主張を述べ合います。

6

判決・和解調書合意書の作成

和解に至らなかった場合は、裁判所が判決を下します。訴訟外で和解が成立した場合は、合意書を作成し訴訟を取り下げます。

7

過払い金の返還

指定口座に入金されれば、手続きが終了します。

過払い金返還請求の料金(過払い金が140万円以下の場合)

着手金 1社あたり 32,400円(税込)
※分割よる支払もお受けしています。
過払い報酬 取り戻した金額の 21.6%(税込)
※過払い返還を求めるために、裁判を起こすことができます。※裁判を起こすことによってかえって、費用が掛かる場合は、お勧めいたしません。
※ きりゅう司法書士事務所は、減額報酬をいただいておりません。
実費 ケースにより異なります。
収入印紙代、郵便切手、交通費など。